長野県の運送・配送ドライバー求人


選択した条件の求人が見つかりませんでした。条件を変更して再度検索してください。

長野県の運送・配送
ドライバー向け情報


長野県の概要と道路交通網について

長野県は本州のほぼ中央に位置し、日本で最も多くの県と隣接し、山地の総面積が県の84%を占める山岳県です。長野県には日本アルプスと呼ばれる3つの山脈(飛騨山脈・赤石山脈・木曽山脈)が南北に連なり、3000m級の山々がいくつも並ぶその光景は「日本の屋根」と称されるほど雄大です。一方で長野市周辺には長野盆地(善光寺平)、松本市周辺には松本盆地も広がるなど、高い山地と低い盆地が隣接して高低差のある地形となっているのが長野県の地理的特徴の一つです。長野県は、中央自動車道、長野自動車道、上信越自動車道などの高規格幹線道路や、長野新幹線、中央本線などの鉄道により、三大都市圏をはじめとした主要都市と結ばれています。また、県内においては鉄道、バス路線などによる地域公共交通ネットワークや、国道18号、国道19号、国道20号を中心とした県内主要都市を結ぶ道路網が形成されています。長野県内の高規格幹線道路は、中央自動車道、長野自動車道が4車線供用されているほか、上信越自動車道信濃町IC三遠南信自動車道の一部が供用開始され、なお整備が進められています。高規格幹線道路が存在しない木曽地域、大北地域においても、地域高規格道路として伊那木曽連絡道路権兵衛峠道路、姥神峠道路の供用や、松本糸魚川連絡道路の調査が行われています。戦前の長野県は製糸王国として知られていましたが、戦後は諏訪・岡谷地区を中心にカメラ・腕時計・オルゴール等の精密機械工業が発達したほか、電気・運送用機械関連の企業も各地に定着しました。近年は「軽薄短小型産業」の電気・機械工業が飛躍的な発展を遂げ、機械工業先進県として注目を集めました。しかし、円高や東南アジア諸国の技術水準の向上を背景に加工組立型の精密機械や電気機械を中心に海外へ生産拠点を移し、製造業は技術・知識集約型へとシフトが進みつつあります。

長野県の物流・運送・配送業界給与相場

厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、令和2年の大型トラック運転者の平均年収は約454万円、中小型トラック運転者の平均年収は約419万円となっていますが、長野県は、大型トラック運転者の平均年収が約459万円、中小型トラック運転者の平均年収は約406万円となっており、全国的に平均的な年収となっています。運送業界全体の平均年収は様々な調査結果がありますが、およそ380万円~450万円ほどと言われており、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。また、基本的にトラック運転手の給料は、大型トラックや長距離運転、けん引などの運転技術が必要とされる仕事に就くことで上昇する傾向にあります。給料アップを目指すには、仕事の選択肢を広げる努力がポイントになります。

長野県の運送・配送事業者数

国土交通省の統計データによると、令和4年3月時点で、長野県内の一般貨物運送事業者数は、724事業者となっています。以前より国内の物流を支える中小トラック運送業者の経営環境は厳しさを増しており、人手不足が深刻化しているうえ、ドライバーの高齢化が進んでいます。また企業間の顧客獲得競争が激化しているほか、貨物の小口化や日時指定の増加など荷主ニーズが多様化しており、さらには、運行の安全確保に向けた取り組みや、環境問題に配慮した環境負荷の低減がより求められるようになってきています。原油の高騰も後押しして運送事業者は非常に難しい課題に直面しています。長野県内に営業所が設置されている事業者数はわずかに増加している一方で、輸送量は製造業の海外移転や建設需要の低下などの影響を受け、減少し、事業者間競争は激化している状態です。こうした環境下で、多くの企業が減車や採用の抑制によってコスト削減を進めてきました。足元では企業の活発な生産活動や設備投資を受けて貨物量が増加していますが、人手不足から受注増加に対応できない企業も多くみられています。

長野県の貨物輸送量と製造品出荷額

令和2年の貨物地域流動調査によると、長野県の輸送量は6,972万トンでした。平成22年度の長野県発着貨物輸送状況を県別にみると、長野県発貨物輸送先の第一位は、福島県で、1,757千トン、第二位は、群馬県の1,698千トン、そして埼玉県、茨城県、新潟県と続きます。長野県着貨物輸送を県別にみると、第一位は、愛知県で2,903千トン、第二位は、神奈川の2,605千トン、そして新潟県、群馬県、大阪府と続きます。令和元年における長野県の製造業の製造品出荷額等は前年比4.8%減の6兆1578億円でした。前年より減少となったのは3年ぶりで、令和元年の出荷額は全国の1.9%を占め、47都道府県中のランキングは第18位です。令和元年において最も出荷額等が多い業種は、情報通信機械器具製造業の1兆0873億円(製造業全体の17.7%)。次いで多いのは、電子部品・デバイス・電子回路製造業(7,362億円、12.0%)、生産用機械器具製造業(6,969億円、11.3%)、食料品製造業(5,866億円、9.5%)、輸送用機械器具製造業(4,027億円、6.5%)、はん用機械器具製造業(3,983億円、6.5%)、業務用機械器具製造業(3,981億円、6.5%)となっています。

長野県の特徴

長野県内のトラック運転手の有効求人倍率は、全産業の約2倍と高水準に上っているため、求職者にとっては勤務先が選べる環境にあります。トラック運転者は、全産業と比較して、低賃金・長時間労働など、厳しい労働環境にあり、運転する車の大きさや走行距離、働き方によって収入が変動するため、自分の保有している資格や、希望する収入・働き方、体調面を考慮して選択するとよいでしょう。今後長野県は、北陸新幹線の延伸や、2027年度にはリニア中央新幹線の開業が予定されており、県外との大幅な時間距離の短縮が見込まれます。リニア中央新幹線が開業することで、東京圏、名古屋圏との物や人の流れが拡大し、物流分野の事業が見込まれることから、これを支援し、県内に多くの雇用を生み出すとともに、従来の雇用者の給与増を通じて地域内に高い波及効果をもたらすことが予想されています。