京都府の運送・配送ドライバー求人

2件中 1~2件表示

条件を変更して検索
|
|

《月45万円以上可能》福利厚生&待遇が充実の長距離ドライバー!大型免許を生かして活躍できます★

都運輸倉庫株式会社《大型長距離ドライバー》

正社員の運送・配送ドライバー求人情報

職種 トラックドライバー

住所 京都府八幡市下奈良1-22-1

給与 月給350,000円~450,000円

都運輸倉庫株式会社《大型長距離ドライバー》
ドライバー求人詳細へ

京都府の運送・配送
ドライバー向け情報


京都府の概要と物流・運送・配送業界事情

北は日本海と福井県、南は大阪府、奈良県、東は三重県、滋賀県、西は兵庫県と接しています。南北に細長い形の京都府は、そのほぼ中央に位置する丹波山地を境にして、気候が日本海型と内陸型に分かれます。丹後・中丹地域の海岸線は、変化に富むリアス式海岸で、豊富な景勝地や天然の良港に恵まれています。京都府内を走る高速道路は、名神高速道路、新名神高速道路、舞鶴若狭自動車道、京滋バイパスがありますが、府内区間の最高速度はすべて80km/h以下となっており、政令指定都市を抱える都道府県では唯一の形態となっています。京都の都市構造は高密度の都心から鉄道に沿い放射状に伸びる構造となっており、京都都市圏は京都市の高密度の都心を中心に中密度の郊外が続き、さらに外側の郊外へは鉄道により結ばれ、鉄道駅周辺にまちが発達する構造になっています。自動車利用による地域間の移動を見ると京都市と乙訓地域や宇治地域の往き来はもちろん京都市周辺部を環状方向に移動する交通に自動車が多く使われており、比較的短い距離の移動や鉄道網の希薄な環状方向の移動にも、自動車が利用されています。京都府では、物流業を営む中小の物流事業者が行う京都府内の物流拠点の自動化・デジタル化を支援することを目的として、「物流拠点高度化・効率化推進事業費補助金」の募集を行っており、府内の物流業の発展に力を入れています。

京都府の物流・運送・配送業界給与相場

運送業界全体の平均年収は様々な調査結果がありますが、およそ380万円~450万円ほどと言われており、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、令和2年の大型トラック運転者の平均年収は約454万円、中小型トラック運転者の平均年収は約419万円となっていますが、京都府は、大型トラック運転者の平均年収が約476万円、中小型トラック運転者の平均年収は約465万円となっており、中小型トラック運転者の平均年収が、大型トラック運転者の平均年収に迫るほど高く、中小型トラックの需要が高いことが分かります。特に京都市内は、道路が東西と南北で直行しており、街路が横と縦に直行する特徴から、「碁盤の目」と呼ばれていることで有名です。たくさんの通りがあり複雑で細い道もあるため、小型トラックや台車を利用して運ぶことが多く、より中小型トラックの需要が高いことがうかがえます。

京都府の運送・配送事業者数

国土交通省の統計データによると、令和3年、京都府内の一般貨物運送事業者数は、1,131事業者となっています。以前より国内の物流を支える中小トラック運送業者の経営環境は厳しさを増しており、人手不足が深刻化しているうえ、ドライバーの高齢化が進んでいます。また企業間の顧客獲得競争が激化しているほか、貨物の小口化や日時指定の増加など荷主ニーズが多様化しており、さらには、運行の安全確保に向けた取り組みや、環境問題に配慮した環境負荷の低減がより求められるようになってきています。原油の高騰も後押しして運送事業者は非常に難しい課題に直面しています。さらに、EC(電子商取引)の拡大に伴う宅配便取扱個数の急増等に伴い、受取人不在による再配達によって、物流分野のCO2排出量の増加などが社会問題となっており、京都府では、今後とも増加が見込まれる物流分野でのCO2排出を抑制するため、オープン型宅配ボックスの設置に対する助成や宅配事業者、コンビニエンスストア、IT事業者など、幅広い事業者が参画する研究会の設置等により物流システムの効率化を図り、CO2排出量を削減するための取組を進めています。

京都府の貨物輸送量と製造品出荷額

令和2年の貨物地域流動調査によると、京都府の輸送量は4,245万トンで、滋賀県よりも低い輸送量となりました。2020年工業統計調査結果では、製造品出荷額等は5兆6,588億円で、前年より4. 2%減額となりました。産業別に前年と比べると、情報通信で345億円(59.8%)、家具・装備品で18億円(9.7%)、木材・木製品で35億円(6.4%)増加するなど9産業で増加し、電子部品で629億円(13.9%)、鉄鋼で99億円(11.5%)減少するなど14産業で減少しています。産業別の構成比をみると、飲料・たばこ・飼料で14.8%、食料品で10.1%、その他で9.1%の順となっています。京都府では国際物流拠点としての機能を拡充するために、5万トン級の船舶が接岸可能な多目的国際ターミナルである舞鶴国際ふ頭を供用開始をするなど、臨港交通施設の整備を進めてきました。京都舞鶴港が有する機能を十分発揮するとともに、高速道路等交通基盤の整備が進み京阪神地域をはじめ周辺地域への接続環境が向上する地理的条件を活かし、物流・配送センター、とりわけ、京都舞鶴港の利活用拡大への寄与が期待できる物流拠点の集積を進めることにより、京都府北部地域に一大物流・配送拠点の形成を推進するため、物流関連産業の立地をすすめています。

京都府の特徴

京都府内のトラック運転手の有効求人倍率は、全産業の約2倍と高水準に上っているため、求職者にとっては事業者が選べる環境にあります。トラック運転者は、全産業と比較して、低賃金・長時間労働など、厳しい労働環境にあり、運転する車の大きさや走行距離、働き方によって収入が変動するため、自分の保有している資格や、希望する収入・働き方、体調面を考慮して選択するとよいでしょう。また、京都府内では、ものづくり産業等の立地促進のため、福知山市と綾部市においては奨励金等を、舞鶴市においては補助金等の優遇措置を設けており、引き続き積極的な企業誘致を推進しています。京都府としても、ものづくり産業の集積を促進するために、企業立地に対する補助金などの優遇制度を設け、京都舞鶴港の機能を活かし、京・都北部地域一大物流・配送拠点の形成を目指すため、条例に基づき、当地域を対象地域とする「京都府北部物流関連産業に係る特定産業集積促進計画」を作成しており、物流関連産業の企業立地に対する補助金等の企業立地優遇制度も創設しています。さらに、人材不足を補うために、U・Iターン就職の促進や、若年者、女性、シニアの就業支援などをし人材確保に取り組んでいるため、今後物流・運送業界のさらなる発展が見込まれています。